他に手段はないか

看護師として仕事をしていると、様々な理由によって苦痛やストレスを感じるようになってしまうことがよくあります。その解決方法として転職を考える人も多いですが、失敗しないためにはその前に考えておくべきことがあります。

転職は人生の中でも大きなステップとなるものであり、心機一転、仕事を始めるチャンスでもあります。しかし転職を決断するときには、他に何か転職以外の可能性がないのかをしっかり考え直すことも大切です。そうすることで、もし新しい職場で思っていた以上の環境の改善が見られなかった場合にも、満足出来る結果として納得出来るでしょう。

転職以外の手段として考えられるのが、異動や転勤です。
医療機関によっては、希望に従って院内で診療科を変える異動も可能です。職場環境も仕事内容も大きく変わることから、抱えていた問題を解決できる可能性は十分にあるのです。また、大きな規模の医療機関では転勤も可能でしょう。診療科にこだわりがある場合でも、いくつもの病院やクリニックが各地にある場合もあることから、転勤を希望することによって、診療科目を変えずとも職場環境を変えることが出来ます。

こういった転職以外の可能性を考えた上で、次のステップを決めることをお勧めします。職場環境が合わないから単に退職を考えるのではなく、今の状況を打破出来る可能性から考えていくことが大切です。その可能性を考えていく過程で、新たに挑戦したいことや転職するための知識も深まって、より良い看護師生活を送ることが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

看護師の転職のポイントを教えます!